マルチスケール大気海洋モデルの開発と社会応用

気象現象は、様々な時空間スケールの現象が複雑に相互作用を及ぼしあって成り立っています。それぞれのスケールの現象が単一スケールとして存在するのではなく、複数のスケールの現象が互いに影響を及ぼしあっているので、複数のスケール間の相互作用を捕らえることができるマルチスケールモデルを開発する必要があります。

本研究室では、MSSG(Multi-Scale Simulator for the Geoenvironment、略称は“メッセージ”)と呼ばれるマルチスケール大気・海洋結合モデルの開発と社会応用活動に参画します。このMSSGモデルはJAMSTECで開発が始められ、2005年から大西准教授が主要開発者の一人になっています。JAMSTECのMSSGグループ(2020/3まで大西准教授がグループリーダー)と共同で研究する課題があります。

図1:MSSGがターゲットとする空間と時間の階層性

リンク

MSSGを用いた成果例

日本科学未来館に展示されているMSSG動画

(MiraikanChannel)東京ヒートアイランド ―東京圏内都市の熱環境シミュレーション― Tokyo heat island phenomenon ―urban heat environment simulation

JAMSTEC MSSGグループによるプレスリリース

最新スパコン技術を駆使して暑さから人々を守る!熊谷スポーツ文化公園のヒートアイランド対策にスーパーコンピュータによる予測結果を活用
プレスリリース詳細を見る(埼玉県ホームページ)
話題の研究謎解き解説(JAMSTEC)

全球高解像度シミュレーションにより台風予測精度が向上―複数のモデルと多数の事例で高解像度化の効果を定量的に確認
プレスリリース詳細を見る(JAMSTEC)

大気と海洋の相互同時計算による気象・気候予測精度の向上へー高解像度大気・海洋結合モデルを用いてマッデン・ジュリアン振動を再現
プレスリリース詳細を見る(JAMSTEC)
話題の研究謎解き解説(JAMSTEC)

超高解像度数値シミュレーションにより東京湾臨海部の緑地の効果を解析
~2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした暑熱環境対策の検討に貢献~
プレスリリース詳細を見る(JAMSTEC)